ダイエットしても、なかなかふくらはぎが細くならないとお困りの女性も多いと思います。ふくらはぎは体の一番下にあるため、むくみが溜まりやすく、さらに上半身の体重を支えるため筋肉が大きくなりやすいという、非常にダイエットが難しい部位となります。ダイエットしにくいふくらはぎですが、効果の期待できるおすすめのダイエット方法があります。筋肉がついてふくらはぎが太く見える場合と、ふくらはぎがむくんでいる場合、脂肪が溜まっている場合は、それぞれ対応の仕方が変わります。まず、むくみが溜まっている場合には、むくみを解消する方法によって、簡単に解決できます。むくみのせいでふくらはぎが太って見えるなら、マッサージ用のクリームやオイルをつけてゆっくりと指圧し血流を促進することが効果を発揮します。筋肉が鍛えられすぎている場合ですが、これはふくらはぎの過度なダイエットが原因の場合が多いようです。ふくらはぎのダイエットのやりすぎで筋肉が大きくなってしまった場合は、一度ダイエットをやめてみるのもひとつの方法です。脂肪が多い場合は、逆にダイエット量が少ないケースが考えられます。ふくらはぎまわりの新陳代謝を高めて、脂肪の燃焼を促進するには、筋肉量を増やすことが必須になります。筋肉の量を増やすのに有効なのがボディカルです。自分のふくらはぎを触ってみて筋肉より脂肪の方が多いと思った人は、ふくらはぎを鍛えてみましょう。どういう理由でふくらはきが太めに見えるかがわかれば、最も適したダイエットが何かを理解し、効率的に取り組みが可能になります。